ホーム /レーシック/レーシックをもっと詳しく

レーシック

眼科で行っている老眼検査について

40代前半から見え方に変化が起こる「老眼(老視)」ですが、症状に気づいたら、進行を早めないためにも、すぐに眼科で検査を受けましょう。老眼鏡を作るだけなら、眼鏡屋でも充分だと思ってしまうかもしれません。しかし、「老眼かも?」と思ったら、眼科で検査を受けることがとても大切です。ここではその理由や、老眼検査に行く前に知っておきたい情報をまとめます。老眼の自覚症状にはどんなものがある?その名前から、ついつ…続きを読む

遠視性乱視のレーシック治療について

ひとくちに「ものが見えづらい」といっても、その原因はさまざまです。遠くが見えにくい「近視」がもっとも知られていますが、「乱視」や「遠視」もまた、ものが見えづらい状態の原因です。また、これらを併発している場合もあります。なかでも、遠視と乱視を併発させている「遠視性乱視」は、子どものときに診断を受けることが多い症状です。先天性の場合もあり、レーシックでの治療は可能なのか?という疑問を持つ人が少なから…続きを読む

強度近視の人が老眼になるとどうなる?

近視は、近くのものにはピントを合わせやすいのに、遠くのものが見えにくくなる症状です。その症状が強い「強度近視」と、遠くの見え方は変わらないのに、近くのものにピントを合わせにくくなる「老眼」は、症状や発症年齢だけではなく、発症原因も違います。それでは強度近視の人が老眼になると、どうなるのでしょうか?なにかと誤解されていることが多い「強度近視」と「老眼」。ここでは、それぞれの症状や関係性を分かりやす…続きを読む

老眼の進行を遅らせるには?

老眼は年齢と共に訪れる生理現象ですが、残念ながら老眼の発生を防止するワクチンや進行を止める特効薬はありません。しかし、全身の老化現象と同じく、進行を遅らせることは可能です。それでは老眼の進行を遅らせるには、どんなことに気を付ければいいのでしょうか?老眼が進行する原因角膜を通った光が網膜で焦点が合うように、厚くなったり薄くなったりして焦点を調節しているのが水晶体です。また、水晶体の調節に関わってい…続きを読む

レーシック手術後の視力が安定するまでの期間について

視力回復を目指して受けるレーシック手術ですが、術後に視力が安定し、日常通りの生活に戻るまでには、いくつかの段階があります。術後は不快感やドライアイなどの症状が出ることもあるため、後遺症ではないかと不安になる人もいるでしょう。ここでは、レーシック手術を受けてから、視力が安定するまでに出る症状やその対策、期間についてわかりやすく解説していきます。レーシック手術直後の眼の状態は?レーシック手術後、麻酔…続きを読む

レーシック手術後のスポーツ・運動制限について

レーシック手術後、視力を早く安定させるためには日常生活において気を付けなければならないことが何点かあります。その一つが、スポーツや運動です。どんなことに気を付ければよいのか、目への影響や再開時期などについてご紹介します。レーシック手術後に可能なスポーツ・運動レーシックは、特殊なレーザーを照射し、屈折異常を矯正する手術です。手術の際、角膜の表面を薄く削って「フラップ」という蓋のようなものを作り、そ…続きを読む

海外・日本におけるレーシックの歴史

レーシックは、技術の向上が進み安全性が認められるようになったことから急速な広がりを見せています。今では世界的にもポピュラーな視力回復方法となっており、20年以上にわたり累計4,000万症例以上の手術が行われてきました。*1エイエムオー・ジャパン株式会社調べ(2016年度)の国別の年間手術件数によると、日本では年間約3万5千症例とされています。世界をみると、中国で年間約90万症例、アメリカで約60万症例、インドで約20…続きを読む

レーシックと白内障・緑内障との関係

レーシックは低下した視力を回復させるための手術ですが、視力の低下には様々な原因があります。目の使いすぎなどによる「近眼」や、加齢による「老眼」などがありますが、中には白内障や緑内障といった目の病気もあります。白内障や緑内障の場合、治療、手術が必要になってきます。まず、それぞれの病気が引き起こす目の症状をはじめ、レーシックを受けても白内障や緑内障の手術は可能なのかを説明していきます。白内障手術とは…続きを読む

知っておきたい!レーシック後のコンタクトレンズ選び

レーシックは角膜を削って屈折率を改善させ、視力を上げる手術方法です。術後直ぐに視力が上がり、その後も半永久的に効果が持続するため、視力の安定性は日本を含む世界中のデータから確認されています。しかし、中にはレーシック後に目に悪い生活を続けてしまうなどして、術前ほどでなくとも視力が戻ってしまうケースもあり、その場合はコンタクトレンズで視力を補う人がいます。また、ファッションとしてカラーコンタクトレン…続きを読む

レーシックで改善できる強度近視について

近視の悪化により日常生活に不便を感じる人にとって、視力を回復してくれるレーシック。メガネやコンタクトレンズによる煩わしさや、異物感の悩みから解放されるメリットがあります。しかし、近視が進んでしまっている強度近視の場合、レーシック手術で視力を回復することはできるのでしょうか?強度近視とは?近視の種類について強度近視は、十数センチ 離れた対象物がぼやけて見えてしまう重度の近視です。 強度近視の眼球は、…続きを読む

PageTop