ホーム /レーシック/レーシックをもっと詳しく/【老眼対策】その症状、老眼かも…覚えておきたい初期対策とは?
レーシック

【老眼対策】その症状、老眼かも…覚えておきたい初期対策とは?

老眼の症状は、平均的に40代前半から出始めます。その症状は、「近くが見えにくくなる」だけではありません。様々な老眼の症状を見過ごしてしまうと、目に大きな負担をかけてしまい、老眼を進行させてしまいます。

ここでは、症状の進行を緩やかにするためにも知っておきたい“老眼の症状”を解説し、初期のうちから始めたい対策法について紹介します。

老眼が原因と思われる症状は?

年齢と共に水晶体のピント調節機能が落ちることで起こるのが老眼です。その症状でよく知られているものは、「遠くの見え方は変わらないのに、近くのものが見えにくい」というものです。見たいものを少し遠くに動かすと焦点が合って見やすくなります。

見え方の症状としては他にも、近くから遠く、遠くから近くへ視線を動かした時、焦点が合うまでに時間がかかる症状があります。また、「薄暗いところで文字が読みにくくなる」というのも老眼の自覚症状のひとつです。

読書やデスクワークをしていて、「目が疲れるようになった」「肩が凝りやすくなった」と感じたら、それも老眼が原因かもしれません。ひどくなると眼精疲労を引き起こし、頭痛や吐き気をもよおす場合があります。

老眼の進行速度や症状には個人差がありますが、40代になって上記のような症状が出てきたら、老眼を疑っていいでしょう。早い人だと30代で老眼の症状が出ることもあります。

老眼による疲れ目・頭痛対策

ものを見る際、ピントの位置を調節しているのが「水晶体」ですが、この調節に関わっているのが「毛様体筋」という筋肉です。この「毛様体筋」は、近くのものを見るときには緊張しているため「疲れ目」を起こしやすくなります。

老眼鏡などの適切な対策をせずにいると、ピントを合わせようとする毛様体筋に大きな負担をかけてしまい、目が疲れてしまうのです。

そして、疲れ目をさらに放置し続けると起こるのが、肩こりや倦怠感、頭痛、めまい、吐き気といった症状です。この症状を一般的に「眼精疲労」といいます。

老眼は治りませんが、眼精疲労を抑制し、老眼の進行を遅らせるためにも、早いうちから何らかの対策を取る必要があります。

それでは老眼の進行や眼精疲労の対策にはどんなことをしたらいいのでしょうか? ここではすぐにできる3つの対策法を紹介していきます。

老眼対策トレーニング

水晶体の厚みを調整する毛様体筋ですが、使い続けると疲れてしまうのは、体の他の筋肉と一緒です。疲れを溜めたままでいると、老眼が進行してしまう原因にもなりかねません。

そのため、毛様体筋を鍛えて目の疲れを取ったり疲れにくくしたりするトレーニングが、老眼対策には有効です。

また、目はたくさんの血液を必要とする臓器です。トレーニングをして、目の周りの血行を良くすることで、老眼の進行予防や症状の改善も期待できます。

すぐに効果を実感できないかもしれませんが、老眼対策トレーニングを日常に取り入れるようにしましょう。また、ぼんやりと遠くを見つめたり、目の周りを温めることも有効です。

老眼対策メガネ

老眼対策メガネとは、いったいどんなものなのでしょうか。それは「老眼鏡」や近眼の人が利用する「遠近両用メガネ」です。遠近両用のコンタクトレンズもあります。

ピント調節機能が低下しているのに、矯正せずに近くのものを見続けると、目に大きな負担をかけてしまいます。自分の目の状態や目的に合った適切な度数の老眼鏡や遠近両用メガネを使用するとピント調節が楽になるので、目の負担を軽減できます。

「老眼鏡をかけると老眼の度合いが進む」という噂もありますが、むしろ、老眼の進行を予防するのに有効な方法です。

老眼の度合いが進んでから老眼鏡や遠近両用メガネを使用すると、慣れるまでに時間がかかってしまいます。初期のうちから適切な度数の老眼鏡や遠近両用メガネに慣れておくようにしましょう。

老眼対策サプリ・食事

老眼は誰にでも起こる、老化現象です。全身の老化現象と同じように、発生や進行を遅らせるためには、栄養バランスの良い食事で体の内側からケアしていくことが大切です。

老化を早める物質に活性酸素があります。この物質は添加物の多い食べ物や睡眠不足、ストレス、紫外線によって発生する物質です。この活性酸素に対抗するためにも、緑黄色野菜などに含まれるビタミンB群、ビタミンC、ベーターカロテンを意識して取るようにしましょう。特にカボチャやアーモンド、うなぎなどに含まれるビタミンEは血行を促進するため、疲れ目や老眼への効果が期待できます。

バランスの良い食事で栄養をしっかり摂取し、足りない栄養素はサプリメントで補給するようにするといいでしょう。

老眼初期に適切な対策を

老眼はその名前から、高齢にならないと起こらない症状のように感じてしまいます。しかし実際に老眼の症状が出始めるのは、一般的に40代前半からです。

症状が出ているのに対策を取らずにいると、進行を早めたり、頭痛や吐き気といった症状を引き起こす原因となります。症状をしっかりと把握して見逃さず、初期のうちから適切な対策をとってください。

【参照】
丸尾敏夫 (2002)『老眼と正しくつきあう』岩波書店.
日比野佐和子(2015)『日めくり まいにち、眼トレ』扶桑社.
日本眼科医会

PageTop