ホーム /近視・遠視・乱視/近視などの屈折異常
近視・遠視・乱視

近視などの屈折異常

遠くのものや近くのものが見えづらくなった時、人は視力が低下したと感じます。
それは、角膜や水晶体の屈折の角度が、正視の状態よりも強すぎたり弱すぎたりして、焦点の合う位置が網膜の前後にずれるため、モノのかたちを正確にとらえることができなくなるからです。
この状態を屈折異常といいます。屈折異常には、近視、遠視、乱視があります。

近視

目に入ってきた光が、網膜より手前で焦点が結ばれる状態です。
近いものには焦点が合うのですが、遠いものは焦点が合わないのでぼやけてしまいます。また、近視の程度に応じて焦点の合う距離が異なり、強い近視であるほど、手元のものにしか焦点があわなくなります。

原因

  • 角膜から網膜までの距離が長すぎること(軸性近視)
  • 角膜や水晶体の屈折力が強すぎること(屈折性近視)

遠視

目に入ってきた光が、網膜より後ろで焦点が結ばれる状態です。
毛様体が水晶体の厚みの調節を行わないと、どこにもピントがあいません。若い時は水晶体の調節力があるので、多少遠視でも焦点を合わせることで近くも見ることができます。

原因

  • 角膜から網膜までの距離が短すぎること(軸性遠視)
  • 角膜や水晶体の屈折力が弱すぎること(屈折性遠視)

乱視

目に入ってきた光が、網膜上で一点に結合しない状態です。
焦点があわないために、モノが二重、三重に見えたり、ぼやけて見えたりします。

原因

  • 角膜の縦横のカーブが異なるため、屈折力が強いところと弱いところが存在すること
facebook twitter line google
PageTop