ホーム /レーシックQ&A/安全性について
レーシックQ&A

安全性について

手術は痛いですか?

レーシックの手術では、眼球に直接注射するやり方ではなく点眼による麻酔を行いますので、注射による痛みも術中の痛みもありません。

術後に異物感や少し痛みを感じることがありますが、ほとんどの方は数日経過すればおさまります。

失明の可能性はありますか?

レーシックは角膜を削って屈折を変える手術であり、眼球内部への治療は行いません。使用するレーザーも周辺組織には影響を与えないレーザーを使用しますので、他の眼組織に対して施術をしない限り視神経を傷つけることはありません。適切な手術がなされれば、手術行為そのものによる失明の心配はありません。

フラップ(ふた)がズレたり、はがれることはありますか?

フラップが完全に治癒する前に、目をこすったり、ぶつけたりした場合、稀にフラップ(ふた)がズレることがあります。治癒するまで(1ヶ月前後)は、保護用メガネを装着するなど、目に触らないように気をつけましょう。

万一フラップがズレてしまった場合は、見え方が急に変わったり、ゴロゴロするなどの違和感がありますので、すぐに診察を受けてください。

iLASIK®の特長

iLASIK®では、フェムトセカンドレーザーで作製されたフラップの縁は、ほぼ垂直に作られるため、マンホールの蓋のようにピタリとはまります。固定力が高く、術後の密着も良いので、フラップがズレたり、はがれたりすることも起こりにくくなります。

レーシックで感染症は発生しますか?

レーシックは、レーザーで角膜の表面を薄く削る手術になりますので、衛生環境の整った医療機関で手術を行う限りは、感染症の恐れは非常に低いと考えられます。

iLASIK®の特長

iLASIK®では、直接目に触れる手術器具は滅菌済みの使い捨てタイプ(ディスポーザブル)の器具を採用していますので、感染症のリスクは低くなります。

レーシックで合併症は起こりますか?

レーシックは、エキシマレーザーを使用した視力矯正手術として、これまで世界中で4,000万症例の手術実績がありますが、手術である以上、合併症のリスクは伴います。*1

レーシック手術直後に起こる合併症としては、層間炎症、夜間視力の低下(ハロー・グレア)やドライアイといったものがありますが、時間の経過とともに改善します。目に違和感を感じる場合は、早めに眼科医の診察を受けてください。

*1 EyeWorld April2016, 1991年からの統計

レーシック手術は安全ですか?

レーシックは世界中で4,000万症例の手術実績があり、さらに米国では現在、iLASIK®の良好な結果により、宇宙飛行士や戦闘機パイロットであってもiLASIK®を受けることが可能になっています。*1

iLASIK®は、20年にわたる技術革新と世界中で1,800万症例の手術実績がありますので、安全性の高い手術といえるでしょう。

*1 EyeWorld April2016, 1991年からの統計

手術中に目が動いてしまっても大丈夫ですか?

手術中は、専用の器具でまぶたを固定して瞬きが出来ないようにします。

レーザー照射中は、可能な限り頭や目を動かさないようにします。エキシマレーザーが眼の動きを追いかけて、正確な位置を確認した上で照射をします。

眼が大きく動いた場合には、自動的にレーザー照射を停止する機能が備わっている機器もありますので、目が動いても安全に手術は行えます。

角膜を切除するレーザーが目に影響することはありますか?

角膜を切除して視力を矯正するエキシマレーザーは、1ミクロン(1,000分の1mm)以内の限られた範囲にしかエネルギーが到達しないため、目の奥まで届いて網膜や視神経などの他の部位を傷つけることはありません。

PageTop