Share this :

ホーム /レーシック/レーシックをもっと詳しく/老眼の進行を遅らせるには?
レーシック

老眼の進行を遅らせるには?

老眼は年齢と共に訪れる生理現象ですが、残念ながら老眼の発生を防止するワクチンや進行を止める特効薬はありません。しかし、全身の老化現象と同じく、進行を遅らせることは可能です。それでは老眼の進行を遅らせるには、どんなことに気を付ければいいのでしょうか?

老眼が進行する原因

角膜を通った光が網膜で焦点が合うように、厚くなったり薄くなったりして焦点を調節しているのが水晶体です。また、水晶体の調節に関わっている「毛様体筋」という筋肉があります。
水晶体や毛様体筋が年齢と共に衰えると、ピントの調節力が低下します。網膜よりも後ろで焦点が合うようになり、その結果、近くを見たときに近くのものが見えづらくなるのです。
老眼が始まるのは平均して四十代前半。それ以降、水晶体や毛様体筋が衰えるにつれて進行していきます。

スマホも原因?老眼の進行が早い人の特徴

水晶体の調節力の低下によって起こる老眼。この調節に関わっている「毛様体筋」は、近くのものを見るときには緊張しているため、パソコンやテレビ、スマホを近くで長時間見ていると疲労してしまいます。その疲労がたまると、老眼の進行を早めることになります。

スマホ利用者が増えた近年では、若いのに老眼のような症状が出る「スマホ老眼」の人が増えてきました。一般的な老眼とは違い、眼のエクササイズで毛様体筋を鍛えたり、眼を休ませたりすると回復していきます。
また、目はたくさんの血液を必要とする臓器です。運動不足の人は血行が悪いため、目にも血液が行き届かなくなり、老眼の進行速度を早める原因となります。

老眼の進行を抑えるにはどんな対策がある?

老眼は誰にでも起こる生理現象で、止めることはできません。老眼が始まる年齢は、平均して四十代前半です。三十代でなる人もいれば、「周りは老眼で悩んでいるけどまだ平気」という人もいます。いつまでに必ずなるというものではありません。また、進行速度が速い人もいれば、ゆっくりな人もいて様々です。

老眼を防ぐことはできなくても、発生や進行は出来るだけ抑えたいものです。老眼の進行を予防するには、どんなことを心がければいいのでしょうか? ここでは効果的だと言われている方法を、いくつかピックアップして紹介します。

老眼の進行予防にメガネが有効な理由

老眼鏡をかけると老眼が進行すると誤解されがちですが、これは間違いです。近眼(近視)の人が老眼になって遠近両用眼鏡にした場合、慣れるまで目が疲れてしまうことがあるため、誤解されているのかもしれません。

近くが見えにくいまま生活をしていると、目は無理にピントを合わせようと疲れてしまいます。目の疲れを放置すると、頭痛や肩こりといった体調不良の原因になることもあります。何よりも、目に余計な負担をかけることで、老眼の進行速度を早めてしまいかねません。
また、老眼鏡は度数が強くなるとレンズのゆがみが強くなり、見たものがゆがんで見えることがあります。老眼が進行してから使用すると、慣れるまでに時間がかかる場合もあります。

自分では老眼だと思っている症状が、他の病気からきているケースもあります。急に片眼だけ症状が現れるなど、おかしいと思ったら早いうちに眼科で検診を受けましょう。
老眼鏡にはいくつかの種類があるので、見たい距離や用途に応じて作ってください。自分の目の状態にあったものを作ることが大切です。

サプリや食事で体内から老眼対策

目の老化は、体の老化と密接に関わっています。全身のアンチエイジングと同様に、栄養バランスの良い食事も老眼対策には重要です。

目に関係する栄養素にはベータカロテン、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB群、ポリフェノール、カロテノイド、カルシウム、マグネシウム、タウリンなどがあります。

特に意識して摂取したいのが、カボチャやアーモンド、うなぎなどに含まれるビタミンEです。血行を促進し、疲れ目や老眼への効果が期待できる成分です。
これらの成分が含まれる食品群は、緑黄色野菜や柑橘類、レバー、豆類、牛乳など、多岐にわたります。それら全てを食事だけで補うことが大変な場合は、サプリメントを利用しても良いでしょう。

目の健康のためだけではなく、最近摂取していない栄養素はないかと意識する習慣をつけましょう。
また、栄養バランスの良い食事と合わせて、ストレス解消や十分な睡眠も大切です。

老眼が進行する原因を知ってしっかり対策を

年齢を重ねると誰にでも訪れる老眼ですが、目を疲れさせない心がけや健康的な生活習慣で、症状の進行を遅らせることが可能です。

老眼が進行する原因をしっかりと知って、正しい対策を早いうちから取るようにしましょう。

【参照】
丸尾敏夫 (2002)『老眼と正しくつきあう』岩波書店.

関連記事

医療機関を探す 医療機関を探す
PageTop