ホーム /レーシック/レーシックをもっと詳しく/レーシック手術で乱視も治る?
レーシック

レーシック手術で乱視も治る?

メガネやコンタクトレンズを使用せず、裸眼での生活を取り戻したいという人に選ばれている視力回復方法のなかで、最も多くの方が受けられているのが「レーシック」です。
この記事では、乱視をレーシックで矯正できるのか、できる場合、その方法や料金、注意事項について、分かりやすく解説していきます。

乱視について

乱視は、レンズの役割を持つ「角膜」や「水晶体」に歪みがあるために焦点が一点で結ばない状態をいい、物がブレて見えたり、ぼやけて見えたりします。
乱視には「正乱視」と「不正乱視」の2種類があり、「正乱視」はメガネやコンタクトで矯正可能な一般的な乱視であり、角膜や水晶体がラグビーボールのように歪んでいることで生じます。「不正乱視」は病気や外傷などが原因で生じる乱視をいい、歪み方が人それぞれに異なるため、眼鏡やコンタクトではしっかり矯正することができない場合があります。

レーシック手術で乱視も治るのか?

レーシック手術と聞くと、近視治療の印象を持っている方もいるかもしれませんが、遠視や老眼、そして「乱視」も矯正することができます。
正乱視の場合は、原則、通常の乱視矯正で治療可能ですが、不正乱視の場合、各々の目の特徴に合わせたオーダーメイドの矯正ができるレーシック(ウェーブフロントレーシック)でなければ、治療が難しい場合があります。
また、乱視度数が「ー6.00D」を超える場合や、屈折度数が安定していない18歳未満の方、角膜の厚みが十分にない方、不正乱視の程度や症状によっては治療できない場合があります。*1

*1 日本眼科学会 屈折矯正手術のガイドラインより

乱視のレーシック

通常の近視・遠視のレーシックは、レーザーを円形に照射し、カーブを照射面すべてで均等に変える(急なカーブを平坦に、もしくは平坦なカーブを急にする)ことで、網膜上に焦点が結ぶようにし、視力を回復させますが、乱視矯正の場合は、正乱視を例にとると、2点ある焦点を1点にまとめるために、ある一方向のみ楕円形に削ります。(ラグビーボールのような形状のうち、急なカーブを平坦に、もしくは平坦なカーブを急にする)

近視と乱視のレーシック

近視と乱視を矯正する場合は、円形の照射(急なカーブを平坦にする近視の矯正)と、楕円の照射(2つの焦点を1つにする乱視の矯正)を組み合わせて治します。
ちなみに遠視と乱視を治療する場合は、円形の照射方法が異なる(平坦なカーブを急にする遠視矯正)だけで、乱視の矯正は原則同じです。

乱視のレーシック 気になる費用は?

レーシックの手術費用は、検診代等も含めて健康保険の適用とならず、自由診療となるため金額は様々です。乱視のレーシック費用については、乱視のみの矯正であっても、近視や遠視と組み合わせて矯正をしても同じ金額であることが多く、なかには両眼で10万円を下回る価格を設定している医療機関もありますが、施術の内容や保証期間などを十分吟味したうえで選ぶことが大切です。
なお、日本眼科学会では、レーシックの適正価格を両眼で20万~60万円としています。

老眼に対応したレーシックのなかで、片方の目(主に利き目)で遠くを、もう片方の目で近くを見るように矯正する「モノビジョンレーシック」という方法があります。この場合、乱視の矯正は原則、通常通り行い、近視・遠視の矯正度数を調整することで、左右の目で見える距離を変えます。
費用は両眼で30万~40万程度となります。

レーシック後に乱視が残ったら

レーシックで乱視の矯正を行っても、乱視が残ってしまうことがありますが、その程度が軽い場合(おおむね-1.00D以内)、視力にほとんど影響しないことが多く、見え方が悪くなければ再手術を検討する必要はありません。
しかし、視力に影響するくらい乱視が残ってしまった場合は再手術が必要になる場合があります。

乱視のレーシック まとめ

乱視があり、レーシックを希望される方は、近視・遠視等の状態だけでなく、乱視についてもしっかり把握し、ご自分の希望を医師とよく相談したうえで、治療方針を決定することが大切ですので、親身に相談に応じてくれる医師なのかどうかも確認することが望ましいといえます。

 

関連記事

PageTop