Share this :

これよりエイエムオー・ジャパン株式会社のウェブサイトを離れ、外部のウェブサイトへ移動しようとしています。 リンク先のウェブサイトは、当社のウェブサイトではなく、当社の管理下にないものです。当社はリンク先のウェブサイトに含まれる情報の正確性、確実性、信頼性に関して一切の保証をいたしません。

外部のウェブサイトに移動しますがよろしいですか?

cancel
ホーム /レーシック/レーシックをもっと詳しく/レーシック予備知識
レーシックをもっと詳しく

レーシック予備知識

近視矯正レーシックのメカニズムや術後の近視の戻りについて

近視矯正の手段として広く選ばれているのがレーシックです。角膜をレーザーで削り、角膜の屈折力を調整することで視力を向上させるのですが、手術を受けるには年齢制限があるほか、術後、再び近視に戻ることがあります。なぜこのようなことが起きるのでしょうか。近視のレーシック手術レーシックは、角膜の表面を薄く切り、フラップと呼ばれる蓋を作り、それをめくって角膜の実質部分を露出させ、エキシマレーザーで削って角膜の…続きを読む

【レーシックで遠視矯正】治療法と費用について

正常な目(正視)では無調節時に網膜で焦点を結ぶはずの光が、網膜よりも後ろで焦点を結んでしまう状態を遠視といいます。遠視というと「遠くのものがよく見えて、近くのものが見えない」と思われがちですが、遠視の目は、ピントを合わせる調節力が低下すると遠くのものも近くのものもはっきりと見ることができません。遠視をレーシックで治療する方法や費用などについて紹介します。分類別にみる遠視の原因遠視は原因によって二…続きを読む

レーシック手術で乱視も治る?

メガネやコンタクトレンズを使用せず、裸眼での生活を取り戻したいという人に選ばれている視力回復方法のなかで、最も多くの方が受けられているのが「レーシック」です。この記事では、乱視をレーシックで矯正できるのか、できる場合、その方法や料金、注意事項について、分かりやすく解説していきます。乱視について乱視は、レンズの役割を持つ「角膜」や「水晶体」に歪みがあるために焦点が一点で結ばない状態をいい、物がブレ…続きを読む

遠視で斜視でもレーシック治療を受けられる?

ものが見えづらくなる目の病気に「斜視」があります。「斜視」は、放置すると日常生活に支障をきたす場合があるため注意が必要です。斜視の原因には様々なものがありますが、「遠視」もそのうちの1つです。そこで、遠視・斜視の症状やメカニズム、「遠視で、かつ斜視」という場合の症状、レーシック治療の可否についてなどを、分かりやすく解説していきます。遠視の症状と治療について初めに、「遠視」についてご説明します。「は…続きを読む

レーシック手術後の視力が安定するまでの期間について

視力回復を目指して受けるレーシック手術ですが、術後に視力が安定し、日常通りの生活に戻るまでには、いくつかの段階があります。術後は不快感やドライアイなどの症状が出ることもあるため、後遺症ではないかと不安になる人もいるでしょう。ここでは、レーシック手術を受けてから、視力が安定するまでに出る症状やその対策、期間についてわかりやすく解説していきます。レーシック手術直後の眼の状態は?レーシック手術後、麻酔…続きを読む

レーシック手術後のスポーツ・運動制限について

レーシック手術後、視力を早く安定させるためには日常生活において気を付けなければならないことが何点かあります。その一つが、スポーツや運動です。どんなことに気を付ければよいのか、目への影響や再開時期などについてご紹介します。レーシック手術後に可能なスポーツ・運動レーシックは、特殊なレーザーを照射し、屈折異常を矯正する手術です。手術の際、角膜の表面を薄く削って「フラップ」という蓋のようなものを作り、そ…続きを読む

知っておきたい!レーシック後のコンタクトレンズ選び

レーシックは角膜を削って屈折率を改善させ、視力を上げる手術方法です。術後直ぐに視力が上がり、その後も半永久的に効果が持続するため、視力の安定性は日本を含む世界中のデータから確認されています。しかし、中にはレーシック後に目に悪い生活を続けてしまうなどして、術前ほどでなくとも視力が戻ってしまうケースもあり、その場合はコンタクトレンズで視力を補う人がいます。また、ファッションとしてカラーコンタクトレン…続きを読む

レーシックで改善できる強度近視について

近視の悪化により日常生活に不便を感じる人にとって、視力を回復してくれるレーシック。メガネやコンタクトレンズによる煩わしさや、異物感の悩みから解放されるメリットがあります。しかし、近視が進んでしまっている強度近視の場合、レーシック手術で視力を回復することはできるのでしょうか?強度近視とは?近視の種類について強度近視は、十数センチ 離れた対象物がぼやけて見えてしまう重度の近視です。 強度近視の眼球は、…続きを読む

レーシックに年齢制限が設けられている理由

レーシックには法的に定められた年齢制限はありませんが、多くの医療機関は“18歳もしくは20歳以上”を下限とし、上限を“60~65歳”に設定しています。このように年齢制限が設けられている理由は何故なのでしょう。レーシックの対象が18歳からと年齢制限されている理由公益財団法人 日本眼科学会の「屈折矯正手術のガイドライン」によると、レーシックの対象年齢は18歳以上とされています。人間の眼球の成長期間は一般的に18歳くらい…続きを読む

過矯正を始めとするレーシック再手術について

近視による視力低下や乱視、遠視を矯正する手術として日本で認可されたレーシック。角膜を削るという手法や費用の高さから、当初利用する人はごく一部でしたが、その後行政の指導が入ったことや、費用が下がってきていることから、広がりを見せるようになりました。成功率が高い手術ではありますが、一方ではわずかながら再手術を必要とする場合もあります。そこで、レーシックの再手術とはどのようなものか、また、どのような場…続きを読む

PageTop