Share this :

ホーム /レーシック/レーシックをもっと詳しく/レーシック手術後の視力が安定するまでの期間について
レーシック

レーシック手術後の視力が安定するまでの期間について

視力回復を目指して受けるレーシック手術ですが、術後に視力が安定し、日常通りの生活に戻るまでには、いくつかの段階があります。術後は不快感やドライアイなどの症状が出ることもあるため、後遺症ではないかと不安になる人もいるでしょう。

ここでは、レーシック手術を受けてから、視力が安定するまでに出る症状やその対策、期間についてわかりやすく解説していきます。

レーシック手術直後の眼の状態は?

レーシック手術後、麻酔が切れたころに、目がゴロゴロするなどの違和感やしみる感じといった痛みが出ることもありますが、多くの場合は自宅で目を休ませていれば楽になります。もし違和感や痛みが時間と共に強くなるようでしたら、医師に相談してください。

また、術後にドライアイになる人も少なくはありませんが、角膜の状態が安定すれば、自然と改善される症状です。1週間~3ヵ月程度は点眼などの治療を受けましょう。涙の量が減ると、結膜炎などの感染症にもかかりやすくなるため、注意が必要です。

レーシック手術後、視力が回復するまでの期間はどのくらい?

レーシック手術を受けた直後から、コンタクトレンズや眼鏡を装着せずに帰宅することが可能です。ただし、一時的に遠視の状態となり、2~3日は近くが見えにくいこともあります。

レーシック手術の効果は、術後すぐから実感できることが多いですが、視界がぼやけたり物が二重に見えたりすることのない、完全に視力が回復した状態になるまでの期間は人それぞれです。

目標の視力まで回復して安定するまでの期間の目安は、治療前に軽度から中度の近視だった人なら1週間~1ヵ月ほど。強い近視だった人の場合では、3ヵ月~半年程度が目安です。

レーシック手術では、まれにですが十分に視力が回復しないことや、近視の戻りが起こることがあります。角膜に十分な厚みが残っており、1回目のレーシック手術から半年以上経っていれば、再手術を受けることも可能です。近視の戻りが起こるのは、術後1年以内ですが、数年経ってから起こることもあります。レーシック手術を受ける前には、保障制度などのアフターケアについても確認してきましょう。

このように、視力が安定して回復するまでの期間は人それぞれです。それでは、レーシック手術直後からどんな段階を経て視力は回復していくのでしょうか。

レーシック手術を受ける前に、知っておきたい知識を解説します。

フラップが安定する期間はどのくらい?

レーシックでは角膜の表層にフラップと呼ばれる薄いふたを作ります。このフラップは、縫合などをして角膜に固定するわけではありません。そのため、フラップが安定するまでに、通常1週間程度かかります。それまでに強く目やまぶたをこすると、フラップがずれてしまったり、しわになってしまったりすることがあるので注意が必要です。就寝中や外出時には、衝撃やホコリの侵入から目元を守るため、保護メガネを着用します。

手術当日から翌朝までは、入浴や洗髪はNGです。洗顔は濡れタオルで目の周りを避けて拭く程度にとどめましょう。いずれも翌日の夜からできるようになりますが、水や洗剤が目に入らないように注意が必要です。また、レーシック手術から1週間は、アイメイクができません。

目元をうっかりこすってしまった後に、視界がぼやけたり二重に見えたりといった症状が強くなった場合には、医師に相談してください。

3ヵ月ほど経つと、角膜の上皮細胞が再生し、フラップは強くくっつきます。ただし、事故やボクシングなどで目を強打するとずれてしまう可能性があります。

保護メガネをつける期間はどのくらい?

レーシック手術後、フラップが安定するまでの1週間は、外出時に保護メガネを装着して目元を守ります。また、術後は炎症を起こしやすくなっているため、ゴミやホコリの侵入を防ぐのも目的です。

しっかりと目を覆う形をしたものであれば、花粉症対策用のものやサングラスでも構いません。掃除などホコリが出る作業をするときや、小さな子どもやペットがいる場合には、家の中でも保護メガネを着用しましょう。また、就寝時には無意識のうちに目をこすってしまうことがあるので、やはり保護メガネを使用します。装着したまま眠れるかどうかも考えて、違和感なくフィットする保護メガネを選ぶといいでしょう。

レーシック手術から1週間後、検査と診察で30分~1時間ほどの定期検診を受けます。その際に医師から、外出時に保護メガネを外してもいいと言われるでしょう。それまでは短時間のお出かけでも、しっかりと保護メガネを着用してください。1週間経った後でも、人によっては保護メガネの着用を勧められることがあります。

レーシック後のドライアイ対策 目薬の使用期間はどのくらい?

レーシック手術を受けた後には、目の乾燥やゴロつき、ヒリヒリ感といったドライアイの症状が出ることがあります。ドライアイの症状が出るかどうかは人によって様々。ドライアイになっても症状を感じない人もいます。

ドライアイの症状は、通常1週間~3ヵ月程度で改善されます。それまでは保湿用の目薬を使用して、ドライアイ対策をしましょう。ドライアイの症状が強い場合、涙の出口にフタをして、眼の表面に涙を貯める治療が必要になることもあります。

市販の目薬はドライアイを生じさせることがある防腐剤が含まれているものもあるため、目の状態が安定するまでは病院で指示された防腐剤フリーの目薬を使用するようにしましょう。

レーシック手術後のドライアイは、ほとんどが時間の経過とともに改善されるものですが、まれに1年ほど症状が長引いてしまう場合もあります。初期のうちから適切な治療を受けて、症状の軽減を目指しましょう。

医師の指示に従った行動とケアを心がけましょう

レーシック手術当日は、手術前の検査から手術、フラップを安定させるための休養などを含めても、クリニックにいる時間は約2~3時間ほどです。

その後は、目元に衝撃を与えてフラップをずらしてしまったり、目にゴミや水が入って感染症を起こしたりしないように、十分に注意して生活を送りましょう。定期検診をしっかりと受け、医師の指示に従って行動することが重要です。

【参照】
安心LASIKネットワーク編(2012)『安心レーシック完全ガイド:レーシックで後悔しないための必読書』保健同人社
市川和夫(2014)『視力矯正治療』幻冬舎
矢作徹(2002)『改訂版近視レーザー治療レーシック』旭書房

関連記事

医療機関を探す 医療機関を探す
PageTop