Share this :

ホーム /レーシック/レーシックをもっと詳しく

レーシック

【乱視矯正手術】有水晶体眼内レンズについて

乱視を矯正する手術のひとつに、有水晶体眼内レンズというのがあります眼の中にコンタクトレンズのようなものを入れて乱視を矯正する手術です。現在使われている有水晶体眼内レンズにはいくつか種類があります。有水晶体眼内レンズとはいったいどのようなものなのか、手術方法も含めてここで紹介します。有水晶体眼内レンズとは有水晶体眼内レンズ(「フェイキックIOL」とも呼ばれます)は、眼の中にレンズを埋め込むことで、近視…続きを読む

乱視は白内障手術で治るのか

白内障というのは、ピントを合わせるレンズの役割を持つ水晶体が濁り、物が見えにくくなる現象です。乱視がある方の場合、白内障の手術で乱視も同時に治せるのでしょうか。ここで説明していきます。白内障手術で乱視も解消するメカニズム白内障手術とは白内障の手術とはどのようなものか、おおまかに説明します。「超音波乳化吸引装置」というものを使って濁った水晶体の中身を吸い取り、残った水晶体の袋(水晶体嚢)のなかに、…続きを読む

乱視の症状を悪化させる原因

メガネやコンタクトレンズで矯正しても、乱視の症状が改善しないときは、日常生活のなかでついつい無意識に行ってしまっていることが原因となっていることもあります。乱視の症状を悪化させるのはどんなこと?では、どのようなことが乱視の症状の悪化につながるのでしょうか?例を挙げてみます。角膜を傷つける目を強くこすったり、逆まつげがあったりすると、角膜に傷がついてしまうことがあります。この様な場合は乱視様の症状…続きを読む

【乱視軸】AXISとは?

乱視のほとんどを占める正乱視は、レンズの役割を持つ角膜や水晶体が球状ではなく、楕円形に歪んでいるために焦点が二点に結ぶ状態のことをいいますが、歪む方向は人によって異なり、この方向を示すのが「乱視軸(AXIS)」と呼ばれる数値です。じつはこれが、メガネやコンタクトレンズの処方の際などに重要な意味を持つことになり、眼科での検査をしっかり受けなければならない大事なポイントですので解説していきます。乱視軸と…続きを読む

乱視にも種類がある?

乱視も近視や遠視のように「屈折異常」のひとつです。ここでは乱視の種類と特徴について紹介していきます。「角膜乱視」と「水晶体乱視」目に入った光は角膜と水晶体という二枚のレンズを通り、焦点を結びます。角膜や水晶体に歪みがあると一点に焦点が結ばず、二点以上の焦点が結んでしまうため、ものがぼやけて見えます。角膜の歪みを「角膜乱視」、水晶体の歪みを「水晶体乱視」といい、通常「角膜乱視」と「水晶体乱視」を合…続きを読む

近視矯正レーシックのメカニズムや術後の近視の戻りについて

近視矯正の手段として広く選ばれているのがレーシックです。角膜をレーザーで削り、角膜の屈折力を調整することで視力を向上させるのですが、手術を受けるには年齢制限があるほか、術後、再び近視に戻ることがあります。なぜこのようなことが起きるのでしょうか。近視のレーシック手術レーシックは、角膜の表面を薄く切り、フラップと呼ばれる蓋を作り、それをめくって角膜の実質部分を露出させ、エキシマレーザーで削って角膜の…続きを読む

近視矯正手術の種類や保険について

近視を矯正するには、メガネやコンタクトレンズだけでなく、手術という選択肢もあります。近視矯正手術にもさまざまな種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあるため、白内障などのほかの病気があるかどうかや、生活習慣・職業などによって、どの手術が適しているかが変わってきます。ここでは、現在行われている主な近視矯正手術を紹介します。それぞれの特徴を知っておきましょう。近視矯正手術メガネやコンタクトレン…続きを読む

【それも遠視の症状?】4のチェック項目

遠視の症状は、見え方としては調節をしなければ「遠くも近くもよく見えない」というものですが、それ以外にも目だけでなく心身にも変調をきたすことがあります。遠視の人は眼精疲労を起こしやすいため、眼精疲労が原因の全身症状も含めて、遠視が原因の可能性がある項目を挙げていきます。遠視の症状チェック遠視の人は常に目の調節を強いられていることで眼精疲労を起こすことが多いため、眼精疲労が原因の全身症状も含めて、現…続きを読む

【大人の遠視性弱視】治療で治る?

弱視とは、目に病気がないにもかかわらず、充分な視力を得られていない状態をいいます。具体的には、メガネをかけても視力が1.0未満の状態で、なんらかの原因で視力の発達が不充分になったために起こる症状です。遠視が原因の遠視性弱視弱視になる原因はいくつかありますが、遠視が原因の弱視(遠視性弱視)についてまずご紹介します。遠視の目は、無調節時に遠くにも近くにもピントが合わず、メガネやコンタクトレンズなどを使わ…続きを読む

混同されやすい「遠視」と「老眼」…違いは?

近くのものが見えにくい、という症状を引き起こす原因として「遠視」があります。また40歳を超えてくると、加齢とともに手元が見づらくなってきます。いわゆる「老眼(老視)」です。これら2つは混同されがちなうえ、誤解も招いているようです。ここで正しくご説明します。遠視と老眼はどう違う?遠視になる原因と症状遠視と老眼は根本的に全くの別物です。それを理解するために、まずそれぞれのメカニズムについて簡単に説明して…続きを読む

PageTop