Share this :

ホーム /レーシック/レーシックをもっと詳しく

レーシック

低下した視力を矯正するレーシック手術とは?

近くの物が見づらくなった、遠くが見えにくくなった、視界がぼやけるなど、視力が低下すると「物の見え方」は変化します。視力低下はおもに、眼に入る光の屈折が強すぎたり弱すぎたりして、網膜上に焦点が合わないことが原因です。これを矯正するための方法の1つがレーシック手術です。レーシック手術はメガネやコンタクトが不要になって快適に過ごせる、日帰りで手術ができる、などの特長がありますが、大事な目の手術ですので、…続きを読む

老眼と白内障の違い

当然のことではありますが、年齢にともなって、目にも衰えは生じます。なかでも視力低下を招く代表的なものが、老眼と白内障です。老眼(老視)は40歳ごろから、白内障は50歳あたりから出てくる現象ですが、両者には大きな違いがあり、治療の方法も異なりますのでここで説明します。老眼は加齢による自然現象老眼の見えにくさの原因は、近視や遠視、乱視とは根本的に違います。近視などが目の「屈折異常」であるのに対し、老眼は…続きを読む

子供以外も?近視が進行する年齢

近視の多くは小学校入学以降に発生し、その後、体の成長とともに進行していきます。そして成人を過ぎた頃には止まると考えられてきました。しかし最近、近視の発生や進行は子供に限らず、成人を過ぎても全世代にわたって起こることがわかりました。近視が進行する原因近視とは、遠方から目に入ってきた光が網膜より手前に焦点を結ぶ状態をいいます。その原因として、角膜や水晶体の屈折力が強すぎること、眼軸長が長すぎることが…続きを読む

老眼はレーシックで治るのか?

老眼は歳を取れば避けられない症状ですが、年齢や若いときの目の屈折状態によって見え方が異なります。正視なのか、近視なのか、遠視なのか。また、年齢によっても見え方が変わってきます。近点と調節域について老眼の見え方に大きく関係するのが、「調節域」と「近点」です。目の筋肉を最大限に緊張させた時にピントの合う距離を近点といいます。遠点と近点の間に存在するものを見ようとするときは、自分の意思、あるいは無意識…続きを読む

【遠視治療】子供と大人の違い

遠視は乳幼児の時には多く、学童期以降になると減少していきますが、実は大人になると、遠視になる人の割合が再び増加する傾向にあることが知られています。子供の時に発生する遠視と大人になってからの遠視の違い、またその対処や治療の方法をそれぞれご紹介します。子供の遠視の特徴は?子供の目は、ものを見る力が発達の途上にあります。このころの遠視は、度合いによっては視力の成長を妨げてしまい、のちにメガネなどで矯正…続きを読む

近視は子供に遺伝する確率が高い?

さて、近視は遺伝するのでしょうか?気になる方もいらっしゃると思います。これはとても難しい質問で、「するとも言えるし、しないとも言える」というのが答えです。ここのところ、近視の遺伝についての研究は格段に進んできています。近視と遺伝の関係についてご紹介していきます。近視と遺伝子の関係遺伝子解析技術の進歩にともない、近視に関する遺伝子解析は急ピッチで進んできました。多くは病的近視の遺伝子についての研究…続きを読む

近視とは?要因と程度からみる近視の種類

近くはよく見えるけれど、遠くが見えにくい、というのが近視の症状です。近視は、小学校高学年以降から増えはじめ、中学生、高校生と成長するにつれて多くなり進行していきます。このような傾向は近視のメカニズムそのものに理由があるため、ある意味では自然なことでもありますが、近視にも種類があり、その後の進行具合や程度は近視の種類によって異なります。治療の仕方も異なってくるので、ここでは近視の種類や程度などにつ…続きを読む

【乱視矯正手術】有水晶体眼内レンズについて

乱視を矯正する手術のひとつに、有水晶体眼内レンズというのがあります眼の中にコンタクトレンズのようなものを入れて乱視を矯正する手術です。現在使われている有水晶体眼内レンズにはいくつか種類があります。有水晶体眼内レンズとはいったいどのようなものなのか、手術方法も含めてここで紹介します。有水晶体眼内レンズとは有水晶体眼内レンズ(「フェイキックIOL」とも呼ばれます)は、眼の中にレンズを埋め込むことで、近視…続きを読む

乱視は白内障手術で治るのか

白内障というのは、ピントを合わせるレンズの役割を持つ水晶体が濁り、物が見えにくくなる現象です。乱視がある方の場合、白内障の手術で乱視も同時に治せるのでしょうか。ここで説明していきます。白内障手術で乱視も解消するメカニズム白内障手術とは白内障の手術とはどのようなものか、おおまかに説明します。「超音波乳化吸引装置」というものを使って濁った水晶体の中身を吸い取り、残った水晶体の袋(水晶体嚢)のなかに、…続きを読む

乱視の症状を悪化させる原因

メガネやコンタクトレンズで矯正しても、乱視の症状が改善しないときは、日常生活のなかでついつい無意識に行ってしまっていることが原因となっていることもあります。乱視の症状を悪化させるのはどんなこと?では、どのようなことが乱視の症状の悪化につながるのでしょうか?例を挙げてみます。角膜を傷つける目を強くこすったり、逆まつげがあったりすると、角膜に傷がついてしまうことがあります。この様な場合は乱視様の症状…続きを読む

PageTop