ホーム /レーシック/レーシックをもっと詳しく

レーシック

【レーシックで遠視矯正】治療法と費用について

正常な目(正視)では無調節時に網膜で焦点を結ぶはずの光が、網膜よりも後ろで焦点を結んでしまう状態を遠視といいます。遠視というと「遠くのものがよく見えて、近くのものが見えない」と思われがちですが、遠視の目は、ピントを合わせる調節力が低下すると遠くのものも近くのものもはっきりと見ることができません。遠視をレーシックで治療する方法や費用などについて紹介します。分類別にみる遠視の原因遠視は原因によって二…続きを読む

近視の症状を改善する方法とは?  

「近くのものははっきり見えるのに、遠くのものは見えにくい」といった近視の症状は、車の運転などの日常生活に大きな影響を与えます。近視の症状を改善する方法にはどんなものがあるのでしょうか。この記事では、近視の症状を改善する代表的な方法をご紹介します。 近視とは 目に入ってきた光は、角膜と水晶体で屈折し、網膜の上で焦点を結ぶことで、はっきりした像を見ることができます。目には見る距離に合わせて網膜上に焦点…続きを読む

強度近視の人は網膜剥離になりやすい?関係性や原因は?

ボクサーの引退理由などでよく聞く「網膜剥離」は、目の周りに強い衝撃を受けた人だけがなる病気ではなく、強度近視の人もなりやすい病気です。この記事では網膜の働きや網膜剥離について、近視と網膜剥離との関係性について解説していきます。網膜について眼内に入った光が最終的に達する場所が、目の奥にある網膜です。光や色を感じるために必要な神経細胞や、神経線維からできています。厚さは約0.1~0.4ミリと薄く、10層から…続きを読む

強度近視と緑内障の関係性について 

緑内障は、日本においては視覚障害者の原因疾患の第1位です。日本人の40歳以上の20人に1人が罹患しているといわれている疾患ですが、強度近視の人は近視でない人の2.6倍の確率で緑内障になるとのデータがあります。なぜ、強度近視になると緑内障になりやすいのでしょうか。強度近視とは強度近視とは、その名の通り強い度数まで進行した近視のことです。そもそも近視とは、正常な目(正視)では網膜上で焦点を結ぶはずの光が、網…続きを読む

強度近視は失明する確率が高い?

近視の中でも強度近視になると、さまざまな病気を発症する可能性が高まるといわれています。なかには失明する場合もあるため、強度近視の方は注意が必要です。この記事では強度近視になると発症する可能性のある病気を紹介していきます。「強度近視」とは?     強度近視とは、その名の通り強い度数まで進行した近視のことです。そもそも近視とは、正常な目(正視)では遠くを見たときに網膜上で焦点を結ぶ光が、網膜よりも手前で…続きを読む

【老眼矯正】4つの方法とその特徴・比較

近くが見えづらいと感じたら、まずは眼科で検査を受けて、病気がないかを確認しましょう。その結果、「老眼」と診断された場合、症状の進行を予防・矯正するために、手軽にできるものから本格的な治療まで、4つの方法を紹介します。老眼をトレーニングで矯正する方法老眼の進行予防に役立つ方法のひとつに、目の筋肉を鍛えるトレーニングがあります。目には毛様体筋という、水晶体のピント調節を行っている筋肉があります。使い続…続きを読む

【老眼は何歳から?】老眼が始まる平均年齢

加齢によって、ピントを合わせるレンズである「水晶体」が固くなり、さらに水晶体の厚さを変え、ピントを合わせる役割を担う「毛様体筋」が衰えることで起こる「老眼」は、年齢を重ねるにつれて起こる自然な生理現象です。その名前から、高齢にならないと発症しないように思われがちですが、実はずっと若いうちから水晶体と毛様体筋の老化は始まっています。老眼はいくつから始まるの?遠くの見え方は変わらないのに、近くが見え…続きを読む

レーシック手術で乱視も治る?

メガネやコンタクトレンズを使用せず、裸眼での生活を取り戻したいという人に選ばれている視力回復方法のなかで、最も多くの方が受けられているのが「レーシック」です。この記事では、乱視をレーシックで矯正できるのか、できる場合、その方法や料金、注意事項について、分かりやすく解説していきます。乱視について乱視は、レンズの役割を持つ「角膜」や「水晶体」に歪みがあるために焦点が一点で結ばない状態をいい、物がブレ…続きを読む

低下した視力を矯正するレーシック手術とは?

近くの物を見づらくなった、遠くが見えにくくなった、視界がぼやけるなど、視力が低下すると「物の見え方」は変化します。視力低下はおもに、眼に入る光の屈折の角度が強すぎたり弱すぎたりして、網膜上に焦点が合わないことが原因です。これを矯正するための方法の1つがレーシック手術です。レーシック手術はメガネやコンタクトが不要になって快適に過ごせる、日帰りで手術ができる、などの特長がありますが、大事な目の手術です…続きを読む

遠視で斜視でもレーシック治療を受けられる?

ものが見えづらくなる目の病気に「斜視」があります。「斜視」は、放置すると日常生活に支障をきたす場合があるため注意が必要です。斜視の原因には様々なものがありますが、「遠視」もそのうちの1つです。そこで、遠視・斜視の症状やメカニズム、「遠視で、かつ斜視」という場合の症状、レーシック治療の可否についてなどを、分かりやすく解説していきます。遠視の症状と治療について初めに、「遠視」についてご説明します。「は…続きを読む

PageTop