ホーム /レーシック/レーシックをもっと詳しく/レーシックと白内障・緑内障との関係
レーシック

レーシックと白内障・緑内障との関係

レーシックは低下した視力を回復させるための手術ですが、視力の低下には様々な原因があります。目の使いすぎなどによる「近眼」や、加齢による「老眼」などがありますが、中には白内障や緑内障といった目の病気もあります。白内障や緑内障の場合、治療、手術が必要になってきます。まず、それぞれの病気が引き起こす目の症状をはじめ、レーシックを受けても白内障や緑内障の手術は可能なのかを説明していきます。

白内障手術とは?レーシックとの違い

白内障とは、加齢によって目の水晶体が濁り、ものが見づらくなる病気です。白内障の症状はゆっくりと進行していくため、初期の段階では自覚症状がほとんどありません。加齢による白内障は、早ければ40歳代、多くは50歳代から発症し、60歳代で半数以上、70歳代では8割以上、80歳代ではほぼ全員が発症します。いずれにせよ、75歳以上では2人に1人が手術を必要とするともいわれています。また、まれに糖尿病やアトピー、外傷などによって発症する場合もあります。*1

このように、加齢とともに発症率の非常に高い白内障ですが、放置すると「見えづらい」だけではすまなくなってしまいます。失明の可能性があるのです。日本では、失明の原因のうち白内障が占める割合が3%ほどですが、世界的には失明の4割ほどにあたり、いちばん多い原因となっています。*1

白内障はいつ発症するかわかりませんし、加齢が原因となるとなおさら、レーシックの後になってしまうことも多いでしょう。白内障は重度になると手術が必要になります。一度レーシック手術した目に、また違う手術(白内障手術)を重ねることができるのか、またその逆に、白内障手術のあとにレーシックを受けることができるのか?まずはレーシックと白内障の手術の違いを説明します。

レーシックを受けたあとに白内障手術ができる?できない?

まず結論からいいますと、レーシックを受けたあとに白内障手術は基本的に可能です。ただ、注意しなければならない点があります。

まず、白内障の手術はどのようなものかということですが、ものが見づらくなっている原因である濁った水晶体を取り出して、代わりに人工の水晶体(眼内レンズ)に交換するという方法です。当然、人によって目の大きさや奥行き、カーブの大きさは違いますので、ひとりひとりの目にあったレンズを使用することになります。

一方でレーシックは、その外側を覆う角膜を削るため、角膜の形が変化しています。そのため、レーシックの後に白内障の手術を行う場合は、変化した角膜の形までを細かく考慮した眼内レンズを使う必要があります。これは精密な計算になりますので、レーシックに詳しい病院を選び、白内障手術を受けたほうが良いでしょう。また、レーシックを受ける前の目のデータを持っていれば、さらに精度の高い手術を受けることが可能です。

白内障手術後にレーシックを受ける場合について

白内障手術を受けたあとでもレーシックを受ける場合があります。白内障手術で使う眼内レンズは、目標とする視力をある程度決めることができますが、強度の乱視や強度の近視の場合には、白内障手術だけでは完全に視力矯正をすることができない場合があります。また、かなり精度の高い手術とはいえ小さな誤差や乱視が生じる可能性がゼロではありません。

白内障手術で十分な視力回復ができなかった場合には、レーシックで視力の再矯正をすることが可能です。白内障手術の後、状態が安定してから検討しましょう。

また最近では、一部の施設で白内障の手術の際、「多焦点眼内レンズ」という、いわゆる遠近両用の眼内レンズを用いるところもあります。

緑内障とは?原因と症状

緑内障とは、眼圧の上昇などによって、眼球の奥にある視神経が圧迫され、視野に障害が起こる病気です。眼圧というのは文字通り目の圧力、言って見れば目の硬さのことで、眼科検診でよく、“機器に額をあてて覗き込むと、機器から空気が出てくる”検査がありますが、これは空気が当たったときの眼球の凹みや、その回復の早さで圧力を計っているのです。この緑内障の発症についての詳しいメカニズムはわかっていないことも多くありますので、定期的な検診で異変を発見することが重要です。

緑内障もまた、「見えづらい」という症状です。見え方の変化としては、少しずつ視界が狭くなっていきます。そしてなんと、40歳以上の日本人のうち5.0%、つまり20人に1人が緑内障になるという、中高年には代表的な病気のひとつです。*2

また、多くは自覚症状がないまま進行していくため、自分では気付いていない人が9割にのぼるといわれています。治療が遅れるとこちらも失明に至る可能性がありますので、早めの発見・治療が必要です。

緑内障の自覚症状が少ないのには、見え方の変化に気づきにくいということがあります。片方の目では見えない部分があっても、もう片方の目で視野をカバーしてしまうため、異変には気づきにくいのです。そのため、視界が狭まったことに気がついたときには、かなり進行してしまっているケースがあります。

緑内障手術後にレーシックを受ける際の注意点

緑内障もまた、目薬などでの治療で効果が得られなかった場合には、手術が必要となります。眼圧は「房水」という眼球をみたしている体液で保たれているので、レーザーを当てたり眼の組織の一部を切り開いたりして、この房水を眼球の外に出しやすくするという手術方法をとります。

それではこのような緑内障の手術を受けた後は、レーシックを受けることができるのでしょうか?

これには非常に注意が必要です。じつは緑内障を発症している場合、基本的にはレーシック手術は難しく、断られる場合が多いのです。先ほどご紹介したとおり、緑内障手術は「眼圧を下げる」ことが目的です。レーシックでは手術の過程で、角膜を圧平します(フラップ作成時)。この吸引で強い圧力がかかるため、眼圧が上がってしまい、これが緑内障治療の大きな妨げになってしまうのです。

しかし、レーシックが可能な場合もあります。それは、緑内障の症状が安定している、進行が止まっている、かつ眼の状態が良い、などの好条件が揃っていて、かつ慎重に手術を行ってくれる医療機関にかかれる場合です。とはいえ、やはり眼圧を上昇させる手術であることには変わりませんので、術後緑内障の症状が悪化してしまうリスクは存在します。レーシックを行っている医院でも、事前の検査を含め医師と細かく相談しましょう。

また最近では、別の視力補正法として、フラップを作らずに角膜の表面からレーザーを当てて角膜のカーブを調整するPRKなどの方法があります。こちらは眼圧があがるという症状が現れないというメリットがあるので、緑内障手術後には比較的適した視力回復法といえるでしょう。

実施に慎重を要するもの(エキシマレーザー手術)*3

① 緑内障
② 全身性の結合組織疾患
③ ドライアイ
④ 向精神薬(ブチロフェノン系向精神薬など)の服用 者
⑤ 角膜ヘルペスの既往
⑥ 屈折矯正手術の既往

白内障・緑内障手術後のレーシック

ここまで白内障・緑内障とレーシックとの関係について説明してきました。白内障や緑内障は多くの人がかかる目の病気ですので、それぞれの症状とレーシックとがどう関係してくるのかをしっかりと理解しておくことが大切です。

また、いずれも精密な計測を必要とする手術です。レーシックを受ける前のデータや、カルテのコピー等を手に入れて保管しておき、白内障または緑内障手術を受ける際には医師に提出するのがベストでしょう。

【引用】
*1 日本眼科学会報告「白内障手術をめぐる現在の環境」
*2 日本眼科学会「緑内障」
*3 財団法人 日本眼科学会の「屈折矯正手術のガイドライン」

【参照】
丸尾敏夫 (2002)『老眼と正しくつきあう』岩波書店
黒澤貞夫・ほか編(2016)『介護職員初任者研修テキスト1』中央法規

関連記事

PageTop