Share this :

これよりエイエムオー・ジャパン株式会社のウェブサイトを離れ、外部のウェブサイトへ移動しようとしています。 リンク先のウェブサイトは、当社のウェブサイトではなく、当社の管理下にないものです。当社はリンク先のウェブサイトに含まれる情報の正確性、確実性、信頼性に関して一切の保証をいたしません。

外部のウェブサイトに移動しますがよろしいですか?

cancel
ホーム /レーシック/レーシックをもっと詳しく/白内障・緑内障について
レーシックをもっと詳しく

白内障・緑内障について

老眼と白内障の違い

当然のことではありますが、年齢にともなって、目にも衰えは生じます。なかでも視力低下を招く代表的なものが、老眼と白内障です。老眼(老視)は40歳ごろから、白内障は50歳あたりから出てくる現象ですが、両者には大きな違いがあり、治療の方法も異なりますのでここで説明します。老眼は加齢による自然現象老眼の見えにくさの原因は、近視や遠視、乱視とは根本的に違います。近視などが目の「屈折異常」であるのに対し、老眼は…続きを読む

乱視は白内障手術で治るのか

白内障というのは、ピントを合わせるレンズの役割を持つ水晶体が濁り、物が見えにくくなる現象です。乱視がある方の場合、白内障の手術で乱視も同時に治せるのでしょうか。ここで説明していきます。白内障手術で乱視も解消するメカニズム白内障手術とは白内障の手術とはどのようなものか、おおまかに説明します。「超音波乳化吸引装置」というものを使って濁った水晶体の中身を吸い取り、残った水晶体の袋(水晶体嚢)のなかに、…続きを読む

強度近視と緑内障の関係性について 

緑内障は、日本においては視覚障害者の原因疾患の第1位です。日本人の40歳以上の20人に1人が罹患しているといわれている疾患ですが、強度近視の人は近視でない人の2.6倍の確率で緑内障になるとのデータがあります。なぜ、強度近視になると緑内障になりやすいのでしょうか。強度近視とは強度近視とは、その名の通り強い度数まで進行した近視のことです。そもそも近視とは、正常な目(正視)では網膜上で焦点を結ぶはずの光が、網…続きを読む

レーシックと白内障・緑内障との関係

レーシックは低下した視力を回復させるための手術ですが、視力の低下には様々な原因があります。目の使いすぎなどによる「近眼」や、加齢による「老眼」などがありますが、中には白内障や緑内障といった目の病気もあります。白内障や緑内障の場合、治療、手術が必要になってきます。まず、それぞれの病気が引き起こす目の症状をはじめ、レーシックを受けても白内障や緑内障の手術は可能なのかを説明していきます。白内障手術とは…続きを読む

PageTop