Share this :

ホーム /レーシック/レーシックをもっと詳しく/強度近視と緑内障の関係性について 
レーシック

強度近視と緑内障の関係性について 

緑内障は、日本においては視覚障害者の原因疾患の第1位です。日本人の40歳以上の20人に1人が罹患しているといわれている疾患ですが、強度近視の人は近視でない人の2.6倍の確率で緑内障になるとのデータがあります。

なぜ、強度近視になると緑内障になりやすいのでしょうか。

強度近視とは

強度近視とは、その名の通り強い度数まで進行した近視のことです。

そもそも近視とは、正常な目(正視)では網膜上で焦点を結ぶはずの光が、網膜よりも手前で焦点を結んでしまう状態をいい、その程度が-6.00D(ジオプトリー)を超える近視を強度近視といいます。

緑内障とは

緑内障は「目の成人病」と呼ばれている病気で、罹患率は40歳以上で20人に1人といわれています。視神経がダメージを受けることで、視野が欠けていき、進行すると失明の危険があります。

視神経は、約100万本の神経繊維が集まって目と脳を繋いでいる部分です。ここから目に入った光の情報を電気信号として脳へ送ることによって、網膜で結ばれた像を「見る」ことができるのです。

この視神経がまとまった束が、脳へと向かう部分を「視神経乳頭」といいます。また、視神経乳頭は中央部がやや凹んでいて、この凹みを「乳頭陥凹」といいます。

緑内障では正常な視神経が減っていくため(よって見えない部分が出てくる)、神経層が薄くなり、乳頭陥凹が大きくなります。

眼圧が高いことが緑内障の主な原因といわれてきましたが、近年の調査*1では、日本人の緑内障患者の実に7割は眼圧が基準範囲内の『正常眼圧緑内障』とのことです。

視神経の血液循環の悪さ、遺伝や免疫、酸化ストレスなどで正常範囲の眼圧でも、視神経が障害されているのではないかと考えられていますが、はっきりとした原因はわかっていません。また、近視の人の発症が多いことから、近視も要因だと考えられています。

*1 日本緑内障学会 日本緑内障学会多治見緑内障疫学調査(通称:多治見スタディ)」報告

緑内障の症状について

緑内障になると、視神経の機能が弱まり、視野が狭くなったり、ところどころ見えなくなったり(暗点)します。症状の進行が遅いことが多く、さらに見えなくなった箇所を両目でカバーし合うため症状を自覚しにくく、緑内障だと気付いたときには症状がかなり進行していることも少なくありません。

残念ながら一度弱ってしまった視神経は回復しないため、緑内障を早期に発見・早期に治療するには、眼科で定期的に検診を受けることが重要です。

強度近視の人は緑内障になりやすい?関係や原因について

先にも触れたように、日本人の強度近視の人は近視のない人に比べて、2.6倍の確率で緑内障になりやすいと報告されています。

緑内障は、眼圧の上昇する原因によって分類されます。

一つは、原因を他に求めることのできない原発緑内障、二つ目は、他の眼の病気・全身の病気あるいは薬物使用が原因である続発緑内障,三つ目は、生まれつき隅角が未発達の発達緑内障です。

日本人に多い「正常眼圧緑内障」は広義に原発緑内障に分類され、その中でも“原発性解放隅角緑内障”に属します。

原発性解放隅角緑内障は、視神経乳頭の周辺が薄くなる、網膜神経線維層の欠損などの症状がみられることがその特徴です。

強度近視では、眼軸長が伸びることによって視神経乳頭に異常が生じやすい状態です。このことが、強度近視の人が緑内障にかかりやすいことに関係しているといわれています。

一般的に、強度近視による視野障害と、緑内障の視野障害を明確に分離するのは難しいとされています。最終的には視野障害の進行を経過観察していくことにより判断されます。

気になったら眼科で検診を

中高年に多く発生する緑内障は、40歳を過ぎたら気を付けたい目の疾患です。最近では人間ドッグでも眼圧検査を加えることできますが、特に強度近視の人は、眼圧が正常でも緑内障を発症するリスクが高いため、眼圧検査に加えて眼底検査や視野検査が必要となります。

緑内障だけではなく、病的近視や他の合併症を早期に発見して治療するためにも、定期的に眼科で検査を受けましょう。

【参照】

日本眼科医会

日本緑内障学会

日本近視学会

関連記事

医療機関を探す 医療機関を探す
PageTop