Share this :

これよりエイエムオー・ジャパン株式会社のウェブサイトを離れ、外部のウェブサイトへ移動しようとしています。 リンク先のウェブサイトは、当社のウェブサイトではなく、当社の管理下にないものです。当社はリンク先のウェブサイトに含まれる情報の正確性、確実性、信頼性に関して一切の保証をいたしません。

外部のウェブサイトに移動しますがよろしいですか?

cancel
ホーム /レーシック/レーシックをもっと詳しく/老眼について
レーシックをもっと詳しく

老眼について

老眼はレーシックで治るのか?

老眼は歳を取れば避けられない症状ですが、年齢や若いときの目の屈折状態によって見え方が異なります。正視なのか、近視なのか、遠視なのか。また、年齢によっても見え方が変わってきます。近点と調節域について老眼の見え方に大きく関係するのが、「調節域」と「近点」です。目の筋肉を最大限に緊張させた時にピントの合う距離を近点といいます。遠点と近点の間に存在するものを見ようとするときは、自分の意思、あるいは無意識…続きを読む

【老眼矯正】4つの方法とその特徴・比較

近くが見えづらいと感じたら、まずは眼科で検査を受けて、病気がないかを確認しましょう。その結果、「老眼」と診断された場合、症状の進行を予防・矯正するために、手軽にできるものから本格的な治療まで、4つの方法を紹介します。老眼をトレーニングで矯正する方法老眼の進行予防に役立つ方法のひとつに、目の筋肉を鍛えるトレーニングがあります。目には毛様体筋という、水晶体のピント調節を行っている筋肉があります。使い続…続きを読む

【老眼は何歳から?】老眼が始まる平均年齢

加齢によって、ピントを合わせるレンズである「水晶体」が固くなり、さらに水晶体の厚さを変え、ピントを合わせる役割を担う「毛様体筋」が衰えることで起こる「老眼」は、年齢を重ねるにつれて起こる自然な生理現象です。その名前から、高齢にならないと発症しないように思われがちですが、実はずっと若いうちから水晶体と毛様体筋の老化は始まっています。老眼はいくつから始まるの?遠くの見え方は変わらないのに、近くが見え…続きを読む

【老眼対策】その症状、老眼かも…覚えておきたい初期対策とは?

老眼の症状は、平均的に40代前半から出始めます。その症状は、「近くが見えにくくなる」だけではありません。様々な老眼の症状を見過ごしてしまうと、目に大きな負担をかけてしまい、老眼を進行させてしまいます。ここでは、症状の進行を緩やかにするためにも知っておきたい“老眼の症状”を解説し、初期のうちから始めたい対策法について紹介します。老眼が原因と思われる症状は?年齢と共に水晶体のピント調節機能が落ちることで…続きを読む

眼科で行っている老眼検査について

40代前半から見え方に変化が起こる「老眼(老視)」ですが、症状に気づいたら、進行を早めないためにも、すぐに眼科で検査を受けましょう。老眼鏡を作るだけなら、眼鏡屋でも充分だと思ってしまうかもしれません。しかし、「老眼かも?」と思ったら、眼科で検査を受けることがとても大切です。ここではその理由や、老眼検査に行く前に知っておきたい情報をまとめます。老眼の自覚症状にはどんなものがある?その名前から、ついつ…続きを読む

強度近視の人が老眼になるとどうなる?

近視は、近くのものにはピントを合わせやすいのに、遠くのものが見えにくくなる症状です。その症状が強い「強度近視」と、遠くの見え方は変わらないのに、近くのものにピントを合わせにくくなる「老眼」は、症状や発症年齢だけではなく、発症原因も違います。それでは強度近視の人が老眼になると、どうなるのでしょうか?なにかと誤解されていることが多い「強度近視」と「老眼」。ここでは、それぞれの症状や関係性を分かりやす…続きを読む

老眼の進行を遅らせるには?

老眼は年齢と共に訪れる生理現象ですが、残念ながら老眼の発生を防止するワクチンや進行を止める特効薬はありません。しかし、全身の老化現象と同じく、進行を遅らせることは可能です。それでは老眼の進行を遅らせるには、どんなことに気を付ければいいのでしょうか?老眼が進行する原因角膜を通った光が網膜で焦点が合うように、厚くなったり薄くなったりして焦点を調節しているのが水晶体です。また、水晶体の調節に関わってい…続きを読む

PageTop