Share this :

ホーム /レーシック/レーシックをもっと詳しく/眼科で行っている老眼検査について
レーシック

眼科で行っている老眼検査について

40代前半から見え方に変化が起こる「老眼(老視)」ですが、症状に気づいたら、進行を早めないためにも、すぐに眼科で検査を受けましょう。

老眼鏡を作るだけなら、眼鏡屋でも充分だと思ってしまうかもしれません。しかし、「老眼かも?」と思ったら、眼科で検査を受けることがとても大切です。ここではその理由や、老眼検査に行く前に知っておきたい情報をまとめます。

老眼の自覚症状にはどんなものがある?

その名前から、ついつい高齢にならないと起こらない気がしてしまう「老眼」ですが、実は40代前半の働き盛りのうちから症状は出始めます。

具体的な自覚症状には、以下のようなものがあります。

・遠くの見え方は変わらないのに、近くが見えにくい(少し距離を離すと見えるようになる)
・遠くから近く、近くから遠くに視線を動かすと、ピントを合わせるのに時間がかかる
・薄暗いところでものが見づらくなる

また、デスクワークなどで近くのものを見ることが多い人が、40歳を過ぎて「目が疲れる」「肩がこる」「頭痛」「倦怠感」といった症状を強く感じるようになった場合、それは老眼が原因かもしれません。

こういった症状を感じたら、早いうちに眼科で検査を受けるといいでしょう。進行を遅らせるためには、早いうちからの対策が欠かせません。

眼科で老眼検査をした方がいい理由

「近くが見えづらい」という症状は、老眼鏡をかけると矯正されて楽になります。そのため、「老眼かな?」と思ったときに、眼科ではなく眼鏡屋に行ってしまいがちです。また、老眼かどうかを自分でチェックできるアプリもあり、ついつい自己判断してしまうこともあります。

しかし、目の異変に気づいたら、眼鏡屋に行く前に眼科で検査を受けるようにしてください。というのも、老眼のように思える症状に、欧米で中途失明の原因第1位である「加齢黄斑変性」や、早い人は40代から発症する「加齢性白内障」、網膜が出血することでおこる「眼底出血」、そして治療が遅れると失明の恐れがある「緑内障」といった、別の病気が隠れていることがあるからです。

「老眼かな?」と思ったら、眼科でしっかり検査を受けましょう。

眼科の老眼検査について

老眼検査に関わらず、初めての検査を受ける前には「痛いのかな?」、「時間はどれくらいかかるんだろう?」、「料金はいくらぐらい?」と、分からないことがたくさんあるものです。

初めて老眼の検査を受けるときには、どんな心構えが必要なのでしょうか?初めての老眼検査に行く前に知っておきたい情報をわかりやすく解説します。

老眼検査の内容

老眼を疑って眼科に行くと、まずは近視、遠視、乱視などの屈折異常の有無やその程度を調べるなど、基本的な目の検査を受けます。具体的な検査項目をあげると、視力の測定や眼圧測定、細隙灯(さいげきとう)顕微鏡検査などです。

細隙灯(さいげきとう)顕微鏡検査は聞きなれない検査かもしれません。これは患者のアゴを台に載せて固定し、瞳に光を当てて細隙灯(さいげきとう)顕微鏡で観察する、眼科ではおなじみの検査です。角膜や水晶体などの目の各部を観察するために用いられます。

基本的な検査を行い、老眼の症状の陰に他の病気や異常が隠れていないかを確認することが、老眼検査の目的の一つです。

老視の度数を測る検査としては、近方視力検査、調節力測定などがあります。通常の視力検査では5メートルの距離から見える度合いを調べますが、これらの検査では小さな本の形になっている近点検査表を使用し、ピントが合わせられる距離を調べます。また、64歳以下の場合、どれだけ調節を発揮できるのかを測る負荷調節検査を、必要に応じて行うこともあります。

検査が終わると、その日のうちに老眼鏡の処方箋が出ます。

老眼は病気ではありません。年齢と共に水晶体の調節機能が落ちて起こる生理現象です。老眼の検査では、基本的な検査に加えて、この水晶体の調節機能を調べる検査や測定を行います。特に時間のかかるものでも、痛みのあるものでもありません。気軽に相談してみるといいでしょう。

老眼検査の料金

老眼(老視)の検査を眼科で受けて老眼鏡の処方箋を出してもらう場合、もちろん保険が適用されます。そのため3割(一部後期高齢者は1割)の自己負担で受診が可能です。特に処方される薬もありません。

検査の料金はその内容によって変わります。3割負担の人で初診の場合は3,000円未満、再診の場合は2,000円未満が目安となります。

老眼の治療について

自然な老化現象である老眼には、残念ながら特効薬はありません。裸眼で近くのものが見えにくくなったら、老眼鏡や遠近両用メガネ・コンタクトレンズなどで、近くのものが見やすいように矯正をします。

老眼鏡は100均などでも売られています。しかし、眼科で検査を受けて処方箋を出してもらい、その人の目の状態や目的に合わせた老眼鏡を使用することが、老眼の進行を遅らせるのに有効だと言えるでしょう。

また、一部の施設では老眼の治療としてレーシック手術を行っているところもあります。

老眼かと思ったら眼科に行くべき?

老眼の症状に気づいたら、必ず眼科で検査を受けましょう。見え方が変わった原因は、別の病気かもしれません。加齢とともに起こる目の異常は、老眼だけではないからです。

早期発見と早期治療が大切なのは、目の病気も一緒です。他の病気が隠れていないかを確認したうえで、老眼鏡や遠近両用メガネなどを検討するようにしましょう。

【参照】
丸尾敏夫 (2002)『老眼と正しくつきあう』岩波書店.
参天製薬
白内障と白内障手術
日本眼科医会

関連記事

医療機関を探す 医療機関を探す
PageTop