Share this :

ホーム /レーシック/レーシックをもっと詳しく/強度近視の人が老眼になるとどうなる?
レーシック

強度近視の人が老眼になるとどうなる?

近視は、近くのものにはピントを合わせやすいのに、遠くのものが見えにくくなる症状です。その症状が強い「強度近視」と、遠くの見え方は変わらないのに、近くのものにピントを合わせにくくなる「老眼」は、症状や発症年齢だけではなく、発症原因も違います。

それでは強度近視の人が老眼になると、どうなるのでしょうか?
なにかと誤解されていることが多い「強度近視」と「老眼」。ここでは、それぞれの症状や関係性を分かりやすくまとめていきます。

強度近視とは

角膜の頂点から、網膜の中心にある黄斑のさらに中心にある中心窩までの長さ(眼軸長)が、何らかの原因で前後に伸びてしまうと、角膜を通った光の焦点が網膜の手前で結んでしまいます。こうして起こるのが、近くのものはよく見えるけれど、裸眼では遠くがよく見えない「近視」です。近視の度数が強く、眼軸長が長くなった状態を「強度近視」と呼びます。メガネやコンタクトレンズを使えば、矯正が可能です。

レンズの度数を示すジオプトリー(D)で表すと、近視ではない状態(正視)がゼロ。日本近視学会では、-6.0D~10.0D未満を「強度近視」と分類していますが、-8.0D以上を「強度近視」と呼ぶ医療機関も少なくはありません。
-8.0Dとは、遠くから指を近づけたときに、眼の前約11センチまで近づかないとはっきりと見えない状態です。*1

このジオプトリー(D)は、コンタクトレンズのパッケージに記載されている数字です。
自分がどの程度の近視なのか知りたい人は、かかりつけの眼科医で確認してみるといいでしょう。

近視と老眼、見え方の違い

私たちが物を見る時、角膜を通った光の焦点が網膜で合うように、水晶体が膨らんだり薄くなったりしています。近視も老眼も、角膜を通った光の焦点が理想的な位置で合わなくて起こる症状です。

近眼は眼軸長が前後に長くなってしまうため、焦点が網膜よりも手前で合うことで起こります。一方で老眼は水晶体の調整機能の衰えにより、近くを見たときに焦点が網膜よりも後ろで合ってしまうのです。

それでは近視と老眼では、見え方はどう変わるのでしょうか。

近視の見え方・症状

遠くのものはぼやけて見えますが、近くのものははっきりと見えるのが「近視」です。本を読んだり手元の作業は裸眼でもできますが、遠くは凹レンズのメガネやコンタクトレンズがないと見えにくい状態です。どの程度遠くになるとぼやけて見えづらくなるのかは、近視の度合いによって変わってきます。

遠くがよく見えないという症状に加えて、「暗く見える」「歪む」「曲がる」といった症状が出てくると、通常の近視ではなく「病的近視」かもしれません。眼科医に相談をしましょう。

近視による視力低下は、年齢に関係なく起こります。病気や遺伝が原因のこともありますが、主な原因は生活習慣です。急激に、もしくはゆっくりと低下して、ある程度のところで止まります。

老眼の見え方・症状

老眼は病気ではありません。年齢を重ねて水晶体の調節力が低下することで起こる生理現象です。遠くのものの見え方はそれまでと変わらないのに、近くのものが見えにくくなります。目から30センチ以上離さないと本の文字が読みにくくなったら、老眼が始まっていると考えてもいいでしょう。

他には、暗いところで近くの文字が読みづらくなったり、近くを見ていて、ふと目を上げたときに遠くの景色にピントが合うまでに時間がかかったりといった症状があります。

正式には老視と呼ばれる老眼。その名前から高齢者しかならないというイメージを持たれがちです。しかし実際に老眼が始まる年齢は平均的に四十代前半で、早い人では三十代から発症する人もいます。老眼は高齢期に起こる病気ではなく、中年以降に誰にでも起こる現象です。

強度近視は老眼鏡いらず?老眼にならないという噂は本当か

近視の度合いが強い「強度近視」の人は老眼にはならないという噂がありますが、本当でしょうか?

結論から言ってしまうと、「ウソ」です。

老眼は年齢を重ねて水晶体の調節力が衰えることで、近くのものを見るときにピントが合いづらくなる生理現象です。近視の人でも正視の人でも、同じように進行します。
近視の人が老眼になると、普段使っているメガネやコンタクトレンズを付けた状態では近くのものが見えづらくなりますが、メガネを外してしまえば近くも見やすくなります。

もともと近視の人は近くのものに焦点を合わせやすく、近くのものを見るときに水晶体の厚みを変える必要はそれほどありません。そのため、年を取ってピントの調整力が弱くなっても、メガネを外してしまえば近くは見やすいため、老眼を自覚しにくいのです。

近視の人は老眼鏡をかけなければいけない時期が遅いため、「近視の度合いが強い人(強度近視)の人は老眼にならない」と誤解されているのでしょう。

メガネやコンタクト必須?近くも遠くも見えにくくなる

強度近視の人もそうではない人も、みんな同じように年齢と共に水晶体のピント調節機能が衰えて老眼になります。近視の人が老眼になった場合、遠近両用のメガネやコンタクトを使用して矯正をします。また、遠近両用のレーシックもあります。

近くも遠くも見えにくくなっているのに、老眼鏡を使用せずに生活を続けていると眼精疲労を引き起こし、頭痛や肩こりといった症状が出てしまいます。おかしいなと思ったら、眼科医に相談をしましょう。

【参照】
丸尾敏夫 (2002)『老眼と正しくつきあう』岩波書店.
黒澤貞夫・ほか編(2016)『介護職員初任者研修テキスト1』中央法規.

【引用】

*1 東京医科歯科大学 眼科学教室 強度近視外来

関連記事

医療機関を探す 医療機関を探す
PageTop