シェアシェア

シェアする

これよりエイエムオー・ジャパン株式会社のウェブサイトを離れ、外部のウェブサイトへ移動しようとしています。 リンク先のウェブサイトは、当社のウェブサイトではなく、当社の管理下にないものです。当社はリンク先のウェブサイトに含まれる情報の正確性、確実性、信頼性に関して一切の保証をいたしません。

外部のウェブサイトに移動しますがよろしいですか?

cancel
ホーム /レーシック/レーシックをもっと詳しく/近視・遠視・乱視について
レーシックをもっと詳しくMore LASIK

近視・遠視・乱視について

  • 【大人の遠視性弱視】治療で治る?

    弱視とは、目に病気がないにもかかわらず、充分な視力を得られていない状態をいいます。具体的には、メガネをかけても視力が1.0未満の状態で、なんらかの原因で視力の発達が不充分になったために起こる症状です。遠視が原因の遠視性弱視弱視になる原因はいくつかありますが、遠視が原因の弱視(遠視性弱視)についてまずご紹介します。遠視の目は、無調節時に遠くにも近くにもピントが合わず、メガネやコンタクトレンズなどを使わ…続きを読む

  • 混同されやすい「遠視」と「老眼」…違いは?

    近くのものが見えにくい、という症状を引き起こす原因として「遠視」があります。また40歳を超えてくると、加齢とともに手元が見づらくなってきます。いわゆる「老眼(老視)」です。これら2つは混同されがちなうえ、誤解も招いているようです。ここで正しくご説明します。遠視と老眼はどう違う?遠視になる原因と症状遠視と老眼は根本的に全くの別物です。それを理解するために、まずそれぞれのメカニズムについて簡単に説明して…続きを読む

  • 【遠視の見え方】メガネとコンタクトレンズで見え方が違う?

    遠視は調節力が弱まると遠くも近くもよく見えないため、矯正にはメガネやコンタクトレンズを使用します。しかし、メガネとコンタクトレンズでは見え方に違いがあります。双方にメリット・デメリットがあり、遠視の程度によって、向き不向きもありますので、紹介していきます。メガネとコンタクトの見え方の違いについてメガネとコンタクトレンズの大きな違いは、メガネは目からレンズまで距離があること、コンタクトは目に密着し…続きを読む

  • 【遠視の検査方法】目薬を使うことも?

    遠視は、調節力の強い小児期には視力に異常が見られないことがあります。そのため、自分が遠視かどうかや、その程度を知るには視力検査に加えて「屈折検査」を受ける必要があります。このとき、目の調節機能を麻痺させるために目薬を使用することがあります。検査方法や、どのような目薬が使われるのかを紹介します。一般的な遠視の検査方法とは?メガネやコンタクトレンズを新しく作るとき、あるいは健康診断などで、いろいろな…続きを読む

  • 近視の症状を改善する方法とは?  

    「近くのものははっきり見えるのに、遠くのものは見えにくい」といった近視の症状は、車の運転などの日常生活に大きな影響を与えます。近視の症状を改善する方法にはどんなものがあるのでしょうか。この記事では、近視の症状を改善する代表的な方法をご紹介します。 近視とは 目に入ってきた光は、角膜と水晶体で屈折し、網膜の上で焦点を結ぶことで、はっきりした像を見ることができます。目には見る距離に合わせて網膜上に焦点…続きを読む

  • 強度近視の人は網膜剥離になりやすい?関係性や原因は?

    ボクサーの引退理由などでよく聞く「網膜剥離」は、目の周りに強い衝撃を受けた人だけがなる病気ではなく、強度近視の人もなりやすい病気です。この記事では網膜の働きや網膜剥離について、近視と網膜剥離との関係性について解説していきます。網膜について眼内に入った光が最終的に達する場所が、目の奥にある網膜です。光や色を感じるために必要な神経細胞や、神経線維からできています。厚さは約0.1~0.4ミリと薄く、10層から…続きを読む

  • 強度近視は失明する確率が高い?

    近視の中でも強度近視になると、さまざまな病気を発症する可能性が高まるといわれています。なかには失明する場合もあるため、強度近視の方は注意が必要です。この記事では強度近視になると発症する可能性のある病気を紹介していきます。「強度近視」とは?     強度近視とは、その名の通り強い度数まで進行した近視のことです。そもそも近視とは、正常な目(正視)では遠くを見たときに網膜上で焦点を結ぶ光が、網膜よりも手前で…続きを読む

  • 遠視性乱視のレーシック治療について

    ひとくちに「ものが見えづらい」といっても、その原因はさまざまです。遠くが見えにくい「近視」がもっとも知られていますが、「乱視」や「遠視」もまた、ものが見えづらい状態の原因です。また、これらを併発している場合もあります。なかでも、遠視と乱視を併発させている「遠視性乱視」は、子どものときに診断を受けることが多い症状です。先天性の場合もあり、レーシックでの治療は可能なのか?という疑問を持つ人が少なから…続きを読む